ノンノと仲良し生活♪

nonno1028.exblog.jp
ブログトップ

アラスカ旅行♪ ~2日目はデナリ国立公園バスツアー~

7月14日(土)058.gif2日目058.gif
d0098316_1941923.jpg
今日はデナリ国立公園の最深部カンティシュナまで、
公園内の自然や野生動物をバスに乗って見学する往復約12時間のツアーです(o^▽^o)/
d0098316_19503333.jpg





この旅で二番目に楽しみにしていたこのツアー(o^▽^o)/

アラスカで最も人気のある景勝地デナリ国立公園。
デナリとは先住民族の言葉で「偉大なもの」を意味しているそうです。
面積は日本の四国と山口県を足したくらいの大きさ。
デナリ国立公園の見所は野生動物と北米最高峰のマッキンリー山(標高6,194m)。
自然保護が徹底しているデナリ国立公園では、
一日に公園へ入れる車の数を制限しています。
入口からワンダーレイクを通過してカンティシュナまで約150kmの
自然道が一本あるのみで、自然保護の為公園内を走行できる車はシャトルバス、
ワイルドライフツアーバスなどのみで、
一般車の通行は特別な許可がない場合は禁止されているんですって。

宣言通り午前3:00起床^^ 朝から良い天気058.gif
気温は20℃で肌寒い。そしてとにかく乾燥しています。
唇なんてリップクリームがないとすぐにカサカサになってしまうんです。
現地ガイドさんのおもしろトークに大爆笑していると
顔全体に深い笑いシワが出来ちゃうんです!(ってこれは私だけかな?)
ホテル敷地内のレストランで朝食063.gif
d0098316_0122444.jpg
午前5:00、張り切って一番乗り~。
d0098316_14131074.jpg
デナリの朝は早いようで続々と宿泊客が集まります。
d0098316_0133033.jpg

午前6:30バスに乗って出発! 運転手兼ガイドのマークさん。
一見、古そうに見えるバスですがシートはしっかりしていて長時間乗っても疲れないんです。
d0098316_21243568.jpg
バスの中は多国籍。みんなで仲良く車中から野生動物を探すんです^^
野生動物を見つけたら大きな声で『Stop!』と叫ぶんです!
するとバスは停まってくれま~す。
d0098316_2312992.jpg
ライリー・クリークを出発してしばらくの間、
バスは針葉樹林の密生するうっそうとしたタイガの森を走ります。
d0098316_2154347.jpg
5マイルを過ぎたあたりから森の木々が急に低くなります。
わずかな標高の差でまったく樹木の育たないツンドラ地帯が出現します。
こんな道も走るんですよ~。
d0098316_23251298.jpg

061.gif車窓から雄大な景色~動画だよ~061.gif

山の急斜面にドールシープ Doll Sheepを発見!
グリズリーベアやオオカミから逃れるため急斜面にいるそうなのですが、
あまりの急斜面で転落して死んでしまうのも多いそうです。
「食われるか」or「転落死」するかの究極の選択なんだね。
d0098316_23293767.jpg
こちらの急斜面にもドールシープ Doll Sheep
d0098316_234549.jpg
レッドフォックス Red Fox このあとチ~っておしっこしてました(笑)
d0098316_2352176.jpg
ムース Moose まだ若いムースのようです。
d0098316_23554986.jpg
d0098316_003449.jpg
カリブー Caribou
d0098316_065983.jpg
d0098316_065227.jpg
グリズリーベア Grizzly Bear
d0098316_0174819.jpg
ビーバーの巣。
残念ながらビーバーは見られませんでした。早朝の人気のない時間に見られるそうです。
d0098316_0234264.jpg
d0098316_023422.jpg
デナリ国立公園では動物達が豆粒のように見えるので双眼鏡は必需品です!
d0098316_0311129.jpg
一応(笑)新婚旅行なので2ショット。 
しゅんちゃんが持っているのはカリブー Caribouの角。これがかなり重い。
d0098316_045116.jpg
d0098316_0452516.jpg
2時間おきにトイレ休憩があるのですがその都度 運転手兼ガイドのマークさんが
フルーツやクッキーやドリンクを差し入れしてくれます。
しゅんちゃんはアラスカでも「おかわり」してました(^m^)ププ
リンゴもオレンジも丸かじり~。
d0098316_058354.jpg
d0098316_1105353.jpg
デナリ国立公園の最深部、終点地のカンティシュナに到着。
片道6時間のドライブがあっという間に感じました^^
アメリカの国鳥ハクトウワシとグリズリーのコラボ置物(^◇^)カワイイ
d0098316_1172217.jpg
着いてすぐにランチタイム063.gif
d0098316_1193397.jpg
カンティシュナはゴールドラッシュ時代に採掘者たちがここに滞在した場所なんですって。
このロッジに寝泊まりして金を探していたそうです。
こんな狭いロッジで一攫千金を夢見ていたんですね~。
d0098316_1483811.jpg
とここで、現地日本人ガイドさんのポケットマネーでプチ砂金採りに挑戦!
まずはガイドさんの説明を聞き、
d0098316_14425375.jpg
いざ挑戦で~す!
顔を覆っているのは蚊除けネット。
夏のアラスカには強烈な蚊が多いってガイドブックに書いてあったので
日本で購入し持参。ほんと役に立ちました~。
d0098316_1446320.jpg
d0098316_1455319.jpg
金ゲット~☆パウチしてくれます。
d0098316_1455562.jpg

犬ぞりのデモンストレーションも見ましたよ。
みんな走る気満々です。
d0098316_1592371.jpg
この子カッコイイ~! 西部警察の大門 圭介みたい(^m^)ププ
d0098316_15125617.jpg

061.gif犬ぞりのデモンストレーション①~動画だよ~

061.gif犬ぞりのデモンストレーション②~動画だよ~

砂金採をりしたり、犬ぞりのデモンストレーションを見たり、
蚊の襲撃をうけたり(蚊除けネットのおかげで無敵)、
デナリ国立公園の最深部カンティシュナを満喫できて満足満足♪
いつかカンティシュナに泊まってハイキングしたいなぁ~。

行きに通った道をまた6時間かけて戻ります。
行きは中々姿を見せてくれなかった北米最高峰のマッキンリー山(標高6,194m)、
d0098316_1552148.jpg
帰り道に少しだけ姿を見せてくれました~ヽ(*^▽^*)ノワーイ♪
d0098316_15523526.jpg
夏は雲に隠れていることが多く、頂上まで綺麗にみえる確立はたったの20%だそうです。
少しでもマッキンリー山を拝めて良かった~♪

ツアー終盤、バスの走る道を向こうから一匹のオオカミがこちらに向かって
ゆっくりと歩いて来たのです!!オオカミデタ―(゚∀゚)―!!
d0098316_16192059.jpg
もちろんバスは停車。あまりの近さにみんな大興奮!!
大興奮しつつもみんなで「シー!」と声を掛け合いオオカミを驚かせないようにしました。
d0098316_16295681.jpg
d0098316_16224717.jpg
オオカミは私達の乗ったバスの横で、
立ち止まったり草むらに入ったりゆっくりと散策していました。
d0098316_1636619.jpg
そして悠然と私達の乗ったバスの後ろへと去って行きました。
d0098316_163988.jpg
d0098316_16402981.jpg
現地日本人ガイドさんいわく、「オオカミが見られるのは5回に1回くらい」だそうで、
ツアー最後に間近でオオカミを見ることができて感動しまくりでした~(≧▽≦)

午後8:00、ホテルに帰宅しそのまま隣のホテルのレストランで夕食。
オーダーしたものは・・
シーフードのクラムチャウダー
d0098316_17223934.jpg
サーモンのパスタ
d0098316_17232748.jpg
しゅんちゃんがアラスカで一番食べたかったハリバットのグリル
d0098316_1726137.jpg
ちなみにハリバットとはこんな魚。
最大で180kgにもなるヒラメの仲間でオヒョウとも言われる。
d0098316_1750412.jpg
パンはオーダーしなくても出てきます
d0098316_17264425.jpg
それにしてもとにかく量が多くてビックリ!
スタッフに言えば初めにテイクアウト用のタッパーをもらえるのですが
大食いしゅんちゃんには不必要でした~。

3日目につづく~003.gif
[PR]
by nonno1028 | 2012-07-31 18:57 | アラスカ